労働問題・労使トラブル

労働問題・労使トラブル
労働トラブルが起こった時に、誤った対応や法律を無視した対応をしてしまうと、問題が深刻化してしまうだけでなく、余計なリスクを背負うことになってしまいます。
当社の今までの経験では、感覚的・感情的な対処をしてしまい、後になって頭を抱える経営者は少なくありません。
特に「解雇」「賃金」「残業問題」「メンタルヘルス」「パワハラ・セクハラ」などで労働トラブルは急増しており、裁判になったり、慰謝料を請求されたりといった事例は多く聞かれます。
私たち社会保険労務士は、中立な立場で物事のジャッジを行わなければなりませんが、経営者側に近い存在でもあることから、まずは企業を守ることを第一と考え、その上で従業員の立場も守り、働きやすい職場環境作りを目指したいと考えています。
また、働き方改革についても内容を吟味しながら対応して行かなければならない時代でもあります。もちろん、国の進める政策ではあるものの、企業が不利益を被ることは避けなければならない問題ですので、適切なアドバイス&サポートを心がけています。
当社では
  • 労使トラブルは、早期発見、早期対策
  • トラブル発生前のフレーム作りを!

をモットーに適切なアドバイス&サポートを心がけています。

【茅ヶ崎オフィス】
 受付 月〜金 / 9:00〜17:00
0467-86-5711
【横浜オフィス】
 受付 月〜金 / 9:00〜17:00
045-331-5722